商品が売れないジレンマを 商品のせいにしていませんか?

←旬の起業家をチェック★山田由真は今、何位?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
SNSを使ってテレビ局を1ヶ月で脱サラ
お仕事もライフスタイルも想い描くまま
HAPPY LIFEを送るキラキラ女子へ☆彡。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

==================
ビジネスは「宝探し」ではありません。
稼げるビジネスモデルを探すのではなく
何をしても稼ぎ続けれる自分になろう!
==================

こんにちは。
ークイフスタイリスト
山田由真です( ^ω^ )!

 

 

 

 

商品が売れないジレンマを
商品のせいにしていませんか?

 

 

 

 

今まで現状のままで
働き続けることの
危険性をお伝えしてきました。

 

 

 

 

自分の年金は自分で作る時代
とはよく言われていますね。

 

 

 

 

 

 

 

本当にその通りで
現在20代30代の方が
企業での定年を迎えて
老後に生活に十分な
年金を受け取ることは
難しい
です。

 

 

 

 

 

それほど先の危険性の
話ではなくて
すでに顕著に表れている
現象でもあります。

 

 

 

 

 

 

公務員を定年退職された方などの
一部を除き、現在65歳を過ぎていう方でも
年金だけでは生活していけてないのが
現実です。

 

 

 

 

 

 

 

定年を過ぎたからといって
家賃や光熱費、食などの
「生きるためのランニングコスト」
が安くなるわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

2か月に一度支給される
10万円ちょっとの
年金では生活していくことは
難しいでしょう。

 

 

 

 

 

自分が老後に、動かない足腰を
抱えてパートや契約勤務での
労働をせずに済むようにするためにも
「ビジネスを確立する」
ということが必要になっています。

 

 

 

 

 

 

商品やサービスが売れない企業は
集客力が足りない

 

 

 

 

 

 

前回の記事でもお伝えしたように
これからビジネスの鍵を握ってくるのは
集客力」になります。

 

 

 

 

 

これは新規にビジネスを
始めるかたにのみ
言えることではなく、
現在働いている会社でも
全く同じことが言えます。

 

 

 

 

 

 

会社の経営会議などの場で
業績を伸ばすために
新たなサービスや商品の
企画を何時間も練る
という経験をされたことがある方は
多いことでしょう。

 

 

 

 

 

 

ほとんどの会社でこうした会議に
時間を費やされています。

 

 

 

商品が売れないから
新たな商品を作ろう

 

 

 

 

そしてその商品が売れなかったら
もっと「販売力」の高い商品を
作らなければという
負のループに陥っている企業が
多いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に私の以前の職場もそうでした。
商品が売れないことを
商品のせいにして
開発に文句を言う。

 

 

 

 

 

 

もう少し売りやすい商品にしてくれ
なんて営業マンが言ってたくらいだ。

 

 

 

 

 

 

 

プロの営業マンであれば

どんな商品や製品でも売れなければ

なりません。

(ただし詐欺はダメです)

 

 

 

 

 

 

 

他にもいろんな企業を見てきましたが
このようなジレンマに
陥って業績が伸び悩んでいました。

 

 

 

 

 

「お客様の目線になって考える」
とは多くの企業で提唱されている理念です。

 

 

 

 

 

お客様が

「より良い商品を求めている」

ことは紛れも無い事実です。

 

 

 

 

しかし、どれほど
良い商品であったとしても
お客さんがいなければ
何の意味も無いですよね?

 

 

 

 

 

接客業をする人でも
この集客の重要性について
気づいてない人は
まだまだたくさんいます。

 

 

 

 

 

おしゃれなお店で
店員さんが美男美女でも
料理もそこれなりに美味しいけど
認知されないことには
意味が無いのです。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、
「広告」というのは
非常に大事なのです

 

 

 

 

 

 

 

商品やサービスが売れるまでの
顧客の購買心理とは

 

「認知・興味・検討・購買」

 

のサイクルで行われています。

 

 

 

 

それにはやはり対象となる
顧客という「分母」の
ボリュームが必要

あることは言うまでも無いですね。

 

 

 

 

 

 

 

認知してもらう顧客の
ボリュームを増やし
それに対して興味を持ち
購買を検討してくれる
顧客のヒット率を
上げていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのサイクルを
確立していくためには
やはり「集客力」こそが
ものを言うのです。

 

 

 

 

 

 

 

では今日はこの辺で^^

アディオス!

では、ではまた!

公式LINE〜〜〜〜〜〜〜〜はぴねすユマモン〜〜〜〜〜〜〜〜
公式LINE→「@yumachannel」

好きなことを好きな時に好きな場所で好きなだけ♡
”新時代の新しい働き方と生き方”を提案してます。
お仕事もライフスタイルも思い描くままにデザイン♪

★幸せになるとはわがままに生きること
★会社に行かずにお金を稼ぐ方法
★PC1台でどこでもいつでも好きな時に
★もっと時間とお金を自由自在に使いたい
★今の収入に満足していない人無料相談

無料で情報発信中♡新鮮な情報をお届け♡
友だち追加数
ワンクリックでお友達追加できます♡
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

稼げるビジネス』を探すな
何をしても稼げる自分』になれ

成功する為の「スキル」「知識」「考え方」
「ビジネスの本質」や「原理原則」「成功哲学」を
身に付けて何をしても稼ぐことの出来る自分になろう。

追加してくださった方へ限定でプレゼント企画や
ビジネス勉強会などを告知していきます♡
情報を掴むか掴まないかあなた次第!

LINE IDこちら↓

@yumachannnel

(@も入れて検索してください♡)

友だち追加数

何か分からない事や 聞きたい事がありましたら

公式ラインにて ご連絡くださいね☆

旬の起業家、経営者をチェック
↓↓↓

起業・独立 ブログランキングへ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*